アフターピルって知っていますか?アフターピルは避妊に失敗した時に用いるピルとなっています。ただ、アスターピルは正しい服用をしなければ効果が期待できないので、ご使用前に必ずアスターピルについて理解しておくようにしましょう。

更新履歴

アフターピルは服用することで妊娠を防ぐための薬ですが、どのようにして妊娠を防ぐことができるのでしょうか。
アフターピルに配合されているのは、合成された女性ホルモンです。
服用して体内に吸収されると、女性の血液の中のホルモンの濃度が上がります。
それによりアフターピルを服用したのが排卵前の場合には排卵を防いだり、遅らせる効果があり、排卵後の服用の場合には精子が卵子と受精するのを防ぐために子宮の粘膜の粘度を増したり、一時的に子宮内膜に着床しにくい環境を作り出します。妊娠は「受精卵が子宮内膜に着床した」時点で成立すると言われており、これらの作用によって万が一受精してしまっていたとしても、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぎます。
アフターピルを服用すると、3日~3週間ほどの間に消退出血が起こります。
これはアフターピルを服用したことにより、女性ホルモンの血液中の濃度が子宮内膜を剥がす程の濃度になることが理由です。
消退出血が起これば、今回は妊娠していないということになります。
しかし、アフターピルを服用したからと言って必ず消退出血が起こるわけではありません。避妊に成功していてもタイミング的に消退出血がなかったり、妊娠してしまっている可能性があります。
そのため、アフターピルを服用してから3週間ほど経過しても消退出血が起こらなかった場合には、病院に行き妊娠しているかどうかの検査を行っておくと良いでしょう。
また、アフターピルの服用は妊娠してしまってからでは効果がありません。
避妊に失敗したらなるべく早く服用することで受精卵が出来るのを防いだり、受精卵が着床しにくい子宮の状況を作り出すことができるため、なるべく早めに服用するようにしましょう。

サイト内検索
アーカイブ