アフターピルって知っていますか?アフターピルは避妊に失敗した時に用いるピルとなっています。ただ、アスターピルは正しい服用をしなければ効果が期待できないので、ご使用前に必ずアスターピルについて理解しておくようにしましょう。

  • ホーム
  • アフターピルと被害と血液について

アフターピルと被害と血液について

アフターピルとは、妊娠などの対策、避妊の対策を行っていても、それでも万が一に妊娠をしてしまった際に、処方がされるピルです。
アフターピルという名前の通り、性交渉の後に、万が一に妊娠の可能性がある場合に、このように処方がされます。
例えば、若年層であると、コンドームをつけたくなくて性交渉を行った、または低用量ピルを飲まずに性交渉を行った、このようなことで、アフターピルを望む人もいますが、本来のアフターピルの目的は、このような目的ではなく、どうしても性交渉で被害を受けてしまった方、例えばレイプや強姦などで、やむを得ずの場合、などに使われるものでもあります。
また、このような、レイプや強姦などの被害にあったケースでは、性交渉が無理やり行われるため、避妊などは出来るわけもなく、被害はとても大きく、また、被害を受けた女性にも、大きな心のトラウマを残してしまいます。
一方で、このような、アフターピルを処方される際には、病院で、まず、血液検査などを行います。
血液検査などは、保険証などが必要であり、血液検査をしっかりと行うことで、これからの方針を決めていきます。
上記のように、アフターピルが間に合わないほど、お腹が大きくなってしまった状態では、今後の方針も変わってきますし、病院の対応なども、また、上記とはまったく異なってきてしまい、被害であるにも関わらず、中絶の道を選ばなくてはならない女性も出てきてしまうわけです。
このように、アフターピルは、しっかりと避妊を行い、その避妊が万が一無理だった、失敗してしまった後に、本来は飲むべきものであるので、むやみにアフターピルに頼ることは、決してあまりよくないことです。

サイト内検索
アーカイブ